催眠療法・ヒプノセラピー

アダルトチルドレン(AC)やハイリーセンシティブパーソン(HSP)の方の、生きづらさの原因は様々ですが、本人が覚えていない抑圧された過去のつらい体験やトラウマという事があります。

アシスタでは、催眠療法(ヒプノセラピー)で、今ここにいながら過去にさかのぼり、トラウマや心の傷の気づきと、そこからの回復や解決につなげています。

ヒプノセラピーとは

催眠(hypnosis)とは、ギリシャ語の『hypnos』から由来しています。

「催眠」という言葉から、完全に眠ってしまっている状態だと勘違いされやすいのですが、睡眠とは違って実際には眠っていません。

セラピストの言葉の誘導によって、普段の状態=顕在意識から、無意識の領域=潜在意識に入ることで、心身ともに深いリラックスしながらも、集中力が高まり、“イメージが湧きやすくなっている状態”になります。

催眠状態になる事で、自分の意識は無くなってしまい、セラピストに操られてしまうのではないか?と誤解される方もいらっしゃいますが、意識ははっきりとしています。

催眠状態でも、自分が言ったこともおぼえていますし、言いたくないことは言わないことも出来ます。

アメリカでは、1985年にヒプノセラピーが認可されて以来、現在では数多くの医師が ヒプノセラピーの技術を身につけ、通常の医療行為の中も行われている安全な療法です。

一般的なセラピーやカウンセリングを長年受けているが、どうしても心身の不調の原因が分からない。

などの場合に効果的です。

催眠療法・ヒプノセラピー料金

 

ヒプノセラピー(180分) 30,000円

料金は税込みです。

催眠療法・ヒプノセラピーは対面(来室)のみで行っています。