セラピスト紹介

東京・アダルトチルドレン(AC)とHSPの女性のためのカウンセリング

浅田真夕子

こんにちは、心理セラピールームアシスタ、セラピストの浅田真夕子(アサダマユコ)です。

私は、生きづらさを抱えたアダルトチルドレン(AC)・ハイリーセンシティブパーソン(HSP)の方の抱える苦しみや悩みに寄り添い、問題解決や回復のお手伝いをしています。

今までに、1,300時間を超えるセラピー・カウンセリングを行ってきました。

医師やカウンセラーに話をしても「この気持ちや感覚がなかなか理解してもらえない・・・。」という多くの方にお越しいただいています。

人生には、想像を絶するような過酷なことも起きます。

私達は、何かを失ってから、その大切さに気づくものです。

私はまだ20代だった妹を病気で亡くしました。

ある日突然クモ膜下出血で倒れ、4年間植物状態で闘病の末に亡くなりました。

こんなに理不尽なことがあっていいのか、この世には神も仏もいないのかと絶望したことで、生きることの意味に悩みはじめました。

「愚痴を聞いてもらえれば・・・」程度の気持ちで、何となく受けてみたカウンセリングでしたが、自分ではまったく自覚のなかった「生きづらさ」や、感情を抑圧していたことに気づきはじめたのです。

そして、生きづらさの原因の一つが、機能不全家族の中で育ったアダルトチルドレンであること、さらに、感受性の強い気質を持ったHSPということでした。

その後、トラウマ治療に専念し、回復~成長のプロセスを完了。

現在はACサバイバーのセラピストとして、心理療法を用いたカウンセリング、ヒプノセラピー(催眠療法)をおこなっています。

“今”という貴重な時間を楽しみませんか?

生きづらさを抱えている人は、不安感や罪悪感に囚われて、身動きが取れなくなってしまっています。

その原因は過去の心の傷(トラウマ)です。

その心の傷(トラウマ)をケアすることで、私たちはもっと自由に生きられるようになります。

そして“今”という貴重な時間を楽しめるようになるのです。

もっと自由に、もっとラクに、自分らしく生きる喜びを共に感じたい!

感性豊かなHSPの人たちが、もっと元気になって、それぞれの命を輝かせて生きられたら、どんな世界になるのだろう!

そんな思いで日々クライアントさんと向き合っています。

アシスタは女性専用のセラピールームです。安心してお越しくださいね。

主な資格

  • JACC認定臨床心理療法士
  • JACC認定臨床心理カウンセラー
  • FAP療法上級修了
  • 米国催眠士協会(NGH)認定ヒプノセラピスト
  • カナダ協会(PBH)認定ヒプノセラピスト
  • 幼稚園教諭二種免許
  • 日本臨床ヒプノセラピスト協会会員
  • 日本催眠学会会員

こんな人です

好きなこと:美味しいものを食べること、海の見える露天風呂に入ること

好きな食べ物:お寿司、アボカド、あんみつ

好きな人たち:サザンオールスターズ、King&Princeの平野紫耀

趣味:フラダンス、読書